社宅マイスターF.H

法人営業歴9年目。これまでに60社以上と契約を行う。
社宅制度の構築・変更に絡めた、管理業務のアウトソーシング案件に強みをもつ。

課題解決事例 #001 従業員と企業側、
双方のメリットとデメリットを踏まえた、
住宅福利厚生制度の構築をお願いします。

ご相談者様
自動車メーカー
人事ご担当者様

人事部にて制度企画・運用を担当する課長。社宅管理の実務経験は無いものの、社有社宅の老朽化・空室率の増加に伴い、新たな社宅制度の構築を課せられている。

住宅福利厚生制度構築に向けたアドバイスと、
管理業務についてのご提案をお願いします。

全国に存在する社有社宅を廃止する予定です。
しかし、労働組合から要請があり、同業他社の住宅福利厚生制度も踏まえた上で、
最適な住宅福利厚生制度がないかを模索しています。

つきましては、他社事例も含め、今後の住宅福利厚生制度構築に向けたアドバイスと
管理業務についてのご提案をお願いしたいです。

社宅マイスターF.H
社宅マイスターF.H

同業他社の事例と自動車業界の特徴を踏まえ、
最適なご提案をさせていただきます。

まずは、同業他社の住宅福利厚生制度の事例をお持ちしました。
貴社の業界の特徴として、他の業界よりも住宅福利厚生制度が充実しており、
借上社宅制度を運用している企業が多いです。

借上社宅制度へのシフトを軸に、住宅福利厚生制度をご提案させていただきます。

制度構築については、いくつかポイントがあります。
なかでも、従業員様の経済的利益に当たらないかを見ていくことが重要です。

ご相談者様
ご相談者様

ありがとうございます。
管理業務の運用についても、ご提案いただけますか?

住宅福利厚生制度のアウトラインは、何とか完成できました。
ご協力いただきありがとうございます。

次は管理業務の運用方法について、ご提案いただけますか?
借上社宅制度を導入する場合でも、今までにないコストや運用は避けたいです。

社宅マイスターF.H
社宅マイスターF.H

転貸型の管理サービスを活用すれば、
契約リスクが軽減できる上に、敷金預託も不要になります。

借上社宅制度を導入することで、
必要なタイミングで必要な戸数が調達できるようになります。

その一方で、貴社が契約者となることでの契約リスクも発生します。
特にマイナンバーは管理の手間だけでなく、
情報漏洩のリスクもあるため、慎重に取り扱う必要があります。

しかし、転貸型の管理サービスを活用すれば、
家主様との賃貸借契約はリロケーション・ジャパンが行う
ことになります。

契約リスクが軽減できる上に、敷金預託も不要になります。
マイナンバーの取得も、貴社に代わって弊社が行いますのでご安心ください。

ご相談者様
ご相談者様

従業員のストレスにならない入居申請方法はありますか?

そんな管理手法があったなんて驚きです。安心して借上社宅制度を運用できますね。

借上社宅に入居する際、従業員から入居申請をあげてもらう想定なのですが、
スムーズな入居申請の方法はありますか?
従業員がストレスなく借上社宅制度を活用できるようにしたいです。

社宅マイスターF.H
社宅マイスターF.H

従業員様の満足度を向上させ、
管理業務の負荷を軽減できる「リロネット」がおすすめです。

リロケーション・ジャパンのWEBシステム「リロネット」のご利用がおすすめです。
入退去申請だけでなく、物件の検索・引越手配もこのシステムから行えるため、
従業員様の満足度向上にもつながりますよ。

管理者となる貴社のご担当者様は、
どの従業員様がどの物件に入居しているかの把握や
リロケーション・ジャパンへの手続き依頼も「リロネット」から行えます。

社宅管理業務の負荷をさらに削減できますので、ぜひご検討ください。

貴社の課題も、ぜひ解決させてください。

社宅マイスターF.H

この事例の詳細を知りたい方や、
住宅福利厚生制度に関する課題をお持ちの方は、
ぜひ私にお問い合わせください。